2008年07月30日

アライメント風景です

CIMG3608.JPG

昨日はS14シルビアの車高調取付にともない
アライメント作業を行いました。

今回は足回りを交換したのでアライメントは必修になりますが
・アライメントを一度もとったことがない。
・ブレーキングでハンドルが取られる。
・走行時にわだちでハンドルがとられる。
・ハンドルにひっかかりがある。
・ハンドルがやたら重い。
・直線ですこしづつ左右どちらかにいってしまう。
・タイヤの内減りなどの偏磨耗がある
などの症状がある車両は四輪アライメントを測定調整を
おすすめします。

もし大きく狂っていた状態であれば
大事なタイヤの偏磨耗を防ぎ寿命が長持ちします。
またトーが適正化すれば直進時の抵抗がなくなり
燃費がよくなる場合も多々あります。

思いの他アライメントが狂っている場合が多いので
気になる方は是非お試し下さい。

P.S
先日に作業したロードスターですが
カーボン除去でエンジン音が静かになり
走り出しがスムーズになったとのことで
評判は上々でした。
もちろんオイル交換のおかげでもありますが…。




posted by 近藤エンジニアリング at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四輪アライメント&コーナーウェイト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17448944
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事